ブツブツや赤みを治療して笑顔を取り戻そう|ニキビ跡の消し方

大人ニキビと治療法

女性

大人ニキビがもたらすもの

ニキビ跡は一度出来てしまうとなかなか消えるものではありません。特にターンオーバーが長くなる30代以降にもなると一年間も残ったままのケースも少なくありません。その間、メイクや髪の毛や服装で隠すため大変です。特に最近では、会社や人間関係のストレス、欧米的な肉食メインの食生活などが原因で大人ニキビになる人が増えています。それだけ上記で述べたようなニキビ跡で悩み人が増えることに繋がっています。そこで人気を集めているのが、美容皮膚科です。というのも、ニキビ跡は治療することが出来るからです。消えるのに1年以上もかかったものが大幅に短縮することができます。そうなれば、メイクや髪の毛で隠す手間を省くことができます。そもそもニキビ跡には、赤み・色素沈着・クレーターなどいろんなタイプがあります。一般的に知られている治療は色素沈着を治すレーザー治療です。しかし、美容皮膚科では他のタイプの治療法も用意されています。どのニキビ跡でも治療の期待ができるところも美容皮膚科での治療が人気となっている理由の一つです。特に20代以降や体質などでニキビ跡が長く残ってしまう人は、早いうちから美容皮膚科に通った方が得策だと言えます。

レーザー治療とピーリング

美容皮膚科のニキビ跡の治療方法はタイプに合わせて変えていくため様々なものがあります。そのなかで大きく2つの治療法に分類できます。それは、レーザー治療とピーリングの2つです。レーザー治療では主に赤みや色素沈着が有効的です。レーザーの周波数は特定の色に作用します。そのレーザーを原因部位に照射すると色素が分解されるわけです。ニキビ跡の状態に合わせてレーザー(周波数)を変えていきます。そのため、いろんな種類のレーザー機器があります。ピーリング(ケミカルピーリング)は主にクレータータイプのニキビ跡に有効的です。角質同士の結びつきを弱める薬剤を使って、古い角質を落としていくものです。古い角質が落ちると体内の作用によって新しい角層を生成しようと働きます。つまり、ピーリングには肌のターンオーバーを促す作用があるわけです。その効果によって、自然治癒で治すよりもずっと早くニキビ跡を消すことができます。つまり、美容皮膚科での治療は主にレーザー治療とケミカルピーリングのどちらか、あるいはその両方を利用することになります。治療といってもどちらとも投薬や手術を必要とせず、身体への負担もありません。気軽な治療法としても人気となっています。